高層ビル群

マンションやアパートなどの集合住宅では構造上、何かと気を使いながら生活することを余儀なくされます。特に賃貸では防音構造などが安普請であることが多く、何気ない室内での移動が階下や隣人にとって騒音と認識されてトラブルになることも珍しくありません。分譲マンションではRC造などが採用されていますが、定期的に大規模修繕が必要になるので積立金を確保管理する必要に迫られます。

こういったマンションなどの集合住宅が抱える問題点が意識されて、従来から一軒家に居を構えることの根強いニーズがあるのは御承知のとおりです。一軒家とは木造や鉄筋造などの基本構造を採用した独立の居住用の建築物のことです。一軒家に住んだとしても隣人などの手前、好き放題に生活すると言うわけにはいきませんが、マンションやアパートのように迷惑にならないように、大きな清潔の制限を甘受する必要が無いのは大きなメリットです。

もっとも一軒家に居を構えるには、賃貸するスタイルと購入するスタイルの2つのカテゴリーのいずれかの選択に直面することになります。賃貸とは家主から賃借権の設定をうけて、毎月家賃の形で住居費用を支払いながら居住することです。敷金や礼金などが必要な場合が多いわけですが、購入する場合に比較すれば初期費用を抑えることが出来るだけでなく、故意や過失がない限り、作り付けの設備の修繕費用などは家主の負担になります。また所有者ではないので固定資産税などの税金コストも負担する必要がありません。しかしながら一軒家を賃貸で長期間居住を継続して家賃をどれほど支払っても資産にはならないのです。

これに対して一軒家を購入した場合には、初期費用が巨額に上るので住宅ローンを組むのが一般的です。住宅ローンを組むには頭金のための貯蓄も必要で修繕費用も、持ち家である以上自分で工面する必要があります。しかしながら住宅ローンを完済すれば、土地と建物という安定した価値を有する資産を確実に手にすることになるわけです。固定資産税などの固定費用は必要になるものの、住宅ローンを完済してしまえば基本的に住居費の工面に奔走することもなく、持ち家で自由なライフスタイルを実践することが出来ます。

住宅ローンを完済すれば、余剰分は貯蓄に回せるので、老後の生活を視野に入れれば、一軒家を購入することには大きなメリットを享受することが出来るのが明らかです。初期費用が嵩んでも一軒家は購入するべき理由は、このあたりに見出すことが出来るでしょう。

記事一覧
一軒家を借りてみんなでシェアハウスすることはできる?

家賃を安く抑えることが出来て、さまざまな人と同じ屋根のしたで共同生活を送るのが、シェアハウスになります。職場や学校のどの普段の生活圏では知り合うことが叶わないような、多士済々と知り合うチャンスもあるので、都市部を中心に急速に普及が進んでいます。一般的には個室部分の設備は最小限に抑える一方で、水回りや

2019年08月27日
こういうところは避けよう!ダメなハウスメーカーの特徴と見分け方

ブランドイメージや信頼性の高さなどが動機となってハウスメーカーと契約して、一戸建て住宅を建築する方も数多くいらっしゃいます。テレビCMなどのブランドイメージでハウスメーカーを信用して依頼したのに、想定外の対応に戸惑ってしまったり、お住まいについての要望などを伝達することができず完成後に後悔を覚える状

2019年08月09日
注目のハウスメーカーランキング!大手から中小まで!

坪単価あたりの費用は少々高めでも、圧倒的なブランドの信頼力と技術力には高い評価がよせられており、ハウスメーカーは常に高い人気を集めてきました。ただし一口にハウスメーカーといっても、各社それぞれに得意なスタイルや、特性にはそれぞれ違いが見られます。理想のマイホームを現実にして入居するにはどのハウスメー

2019年07月23日
一軒家をリノベーションして住むメリット・デメリットとは?

最近では中古家屋の市場も活性化し、既存の建物を購入して大規模なリノベーションを施して、新築同様のお住まいをリーズナブルな価格で入手する事例が増えているようです。一般的に家屋は新築後時間経過につれて資産価値は下落していくので、床面積や周辺の立地条件などを踏まえると相当割安な価格で、入手することに成功す

2019年07月08日
「断熱材」の役割や効果を知っておこう!

近年ではエコ住宅の普及に代表されるように、お住まいの断熱性能が重視されるようになっています。エコ住宅までいかなくても、快適な日常生活を送る上では屋内の気温が快適なレベルで維持されるのは、非常に重要です。夏場や冬場などの過酷な環境で日々を過ごすには、空調機能にすぐれたエアコンで対策をとるのが主流ですが

2019年06月20日
注文住宅で後悔しがちなポイントはココ!悔いのない一軒家を建てよう!

注文住宅は施主の希望のデザインや間取り、外装なども盛り込むことが出来るので、想定どおりに完成すれば理想の住まいを手にすることになります。注文住宅を建てるのは人生に一階の大きな買い物になるのが普通なので、完成後に後悔したくないものです。完成後にこんなはずではなかったと、思うことがないように、注文住宅で

2019年06月09日