• ホーム
  • 中古の一軒家はこんなところに気を付けて買おう!注意点を教えます!

中古の一軒家はこんなところに気を付けて買おう!注意点を教えます!

2019年09月25日

最近では一軒家の所有者が亡くなるなどして、空き家が急増し社会問題と認識されています。リノベーションのテクノロジーも進化を遂げたおかげで、中古の一軒家を安い値段で購入して自分のライフスタイルにあった間取りや設備を備えた住居へと再生すると言うのがトレンドになっているようです。

中古物件ならではの値段の安さでリノベーションに投入できる予算を確保できれば、リーズナブルな金額で理想の一軒家を手にすることも可能になっているのは大きな魅力です。従来の住宅市場では見向きもされなかった、中古の一軒家の市場が盛り上がっているのも、納得できるところです。しかし敢えて新築住宅ではなく中古の一軒家を選択することには、思わぬ落とし穴が潜むリスクが存在しています。そこで中古の一軒家を購入する時のポイントや注意点などについて、御紹介して参りましょう。

まず築年数が経過していると、水回りなどの消耗の激しい古い設備では修繕費が多額に上る傾向があります。古い設備の場合は、修繕費用をだしてもリペアできない可能性があるので想定以上の出費が必要になる事態も危惧されます。
また中古の一軒家は固定資産税評価額がさがるので、十分な担保価値を把握していない可能性があります。担保価値とは住宅ローンの返済などが滞納した場合に競売にかけて回収できる金銭的価値のことです。いくら古い物件とはいえ、一軒家を購入するにはまとまった金銭が必要になります。手持ちの資金が不足するのがむしろ一般的なので、住宅ローンを通過できるかは大きな問題として浮上してくることになります。資産価値が低く評価されて、仮に住宅ローンを組めないとなると、購入することすら覚束ないでしょう。

中古物件を購入する際には、住宅ローンを組めない状況を想定して資金計画を検討する必要があります。また築年数が経過した古い物件では、購入した後に色々なトラブルが判明することが珍しくありません。ここで注意点になるのは、瑕疵担保責任の有無です。瑕疵担保責任とは中古の特定物を販売した場合に、購入後に当初の取引の際には注意を払っていても見受けなかった不具合について前所有者に補償責任を負わせるという民法上の制度です。

しかしながら古い物件では不具合のひとつや二つは見受けられるので、瑕疵担保責任を売主に負わせるのは妥当でないことから、免除することは可能です。したがって中古物件の購入時には事前に瑕疵担保責任の有無を確認する必要があるわけです。

関連記事
注目のハウスメーカーランキング!大手から中小まで!

坪単価あたりの費用は少々高めでも、圧倒的なブランドの信頼力と技術力には高い評価がよせられており、ハウスメーカーは常に高い人気を集めてきました。ただし一口にハウスメーカーといっても、各社それぞれに得意なスタイルや、特性にはそれぞれ違いが見られます。理想のマイホームを現実にして入居するにはどのハウスメー

2019年07月23日
一軒家を借りてみんなでシェアハウスすることはできる?

家賃を安く抑えることが出来て、さまざまな人と同じ屋根のしたで共同生活を送るのが、シェアハウスになります。職場や学校のどの普段の生活圏では知り合うことが叶わないような、多士済々と知り合うチャンスもあるので、都市部を中心に急速に普及が進んでいます。一般的には個室部分の設備は最小限に抑える一方で、水回りや

2019年08月27日
こういうところは避けよう!ダメなハウスメーカーの特徴と見分け方

ブランドイメージや信頼性の高さなどが動機となってハウスメーカーと契約して、一戸建て住宅を建築する方も数多くいらっしゃいます。テレビCMなどのブランドイメージでハウスメーカーを信用して依頼したのに、想定外の対応に戸惑ってしまったり、お住まいについての要望などを伝達することができず完成後に後悔を覚える状

2019年08月09日
一軒家をリノベーションして住むメリット・デメリットとは?

最近では中古家屋の市場も活性化し、既存の建物を購入して大規模なリノベーションを施して、新築同様のお住まいをリーズナブルな価格で入手する事例が増えているようです。一般的に家屋は新築後時間経過につれて資産価値は下落していくので、床面積や周辺の立地条件などを踏まえると相当割安な価格で、入手することに成功す

2019年07月08日
「断熱材」の役割や効果を知っておこう!

近年ではエコ住宅の普及に代表されるように、お住まいの断熱性能が重視されるようになっています。エコ住宅までいかなくても、快適な日常生活を送る上では屋内の気温が快適なレベルで維持されるのは、非常に重要です。夏場や冬場などの過酷な環境で日々を過ごすには、空調機能にすぐれたエアコンで対策をとるのが主流ですが

2019年06月20日
注文住宅で後悔しがちなポイントはココ!悔いのない一軒家を建てよう!

注文住宅は施主の希望のデザインや間取り、外装なども盛り込むことが出来るので、想定どおりに完成すれば理想の住まいを手にすることになります。注文住宅を建てるのは人生に一階の大きな買い物になるのが普通なので、完成後に後悔したくないものです。完成後にこんなはずではなかったと、思うことがないように、注文住宅で

2019年06月09日