• ホーム
  • 気になる一軒家の解体費用!いくらぐらいかかるの?

気になる一軒家の解体費用!いくらぐらいかかるの?

2019年12月07日

建築年数が経過して老朽化した家を建て直すときには、一軒家の解体が必要になります。しかしほとんどの方にあっては解体工事を行うのは初めての経験で、解体費用がいくらになるのか不安が大きいのではないでしょうか。解体するだけでなく施工条件によっては付帯工事が必要になることもあります。それでは解体工事について主に解体費用を切り口に留意するべきポイントなどについて、検討してみましょう。

一般的に一軒家の解体工事の費用の相場は、木造住宅の場合は1坪あたり4-5万円、軽量鉄骨層で1坪あたり5-6万円とされています。30坪程度の延床面積が多い現状を踏まえると、おおむね150万円程度の出費は覚悟する必要があります。しかしながらこれは基本的条件で、周囲の状況によっては解体費用の総額は変動することが珍しくありません。

一軒家の解体費用に影響を与える要因としては、家屋の構造や施工条件・業者の属性やアスベストの有無になります。まず家屋の躯体の構造の問題ですが、当然のことながら解体しやすいか否かで大きく変わってきます。特に鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造などでは、解体のために大型の建設重機が必要になるので、1坪あたり7-9万円程度に工賃も跳ね上がることになるのです。延床面積が広くなれば、解体費用といえどもさらに高額になるわけです。

また施工条件とは工事を行いやすい周辺環境か、ということが問題です。大型の幹線道路に面しておらず住宅の密集地域では、建設重機を搬入することも一苦労となります。場合によっては管轄警察署に道路占有許可を取得する必要がでてきます。そして業者が重機を保有しているかいなかも、解体費用に影響を与えます。重機を保有していない場合は、下請けに丸投げするので、中間マージンが発生するので費用はかさむことになります。そして忘れてはならないのが、アスベストの有無です。アスベストは飛散すると、被爆者が肺ガンなどの健康被害に遭遇するリスクがあるので、付帯工事で周囲に飛散するのを防止する必要が出てくる場合があります。

このように解体工事は費用が巨額になるので、補助金が気になります。もっとも国レベルでの補助金が存在しておらず、各自治体の条例で決められています。解体工事を検討する場合には、おすまいの自治体で補助金が用意されていないのかを確認しておくことをオススメします。もしある場合は、書類準備や手続きがあるので早めに自治体に申し込むことを忘れないで下さい。

関連記事
一軒家は何歳で買うのが一般的?ベストタイミングで購入しよう!

一軒家を購入を検討するときに重要な問題は、何歳のときのタイミングで購入するべきかの点にあります。どのくらいの年代でかうべきなのか、平均年齢や年収はどの程度確保できれば適切なのか容易に答えの出せない問題です。一軒家を買うときにとりわけ年齢が重視されるのは、それが住宅ローンを組むこととセットになっている

2019年10月31日
注目のハウスメーカーランキング!大手から中小まで!

坪単価あたりの費用は少々高めでも、圧倒的なブランドの信頼力と技術力には高い評価がよせられており、ハウスメーカーは常に高い人気を集めてきました。ただし一口にハウスメーカーといっても、各社それぞれに得意なスタイルや、特性にはそれぞれ違いが見られます。理想のマイホームを現実にして入居するにはどのハウスメー

2019年07月23日
中古の一軒家はこんなところに気を付けて買おう!注意点を教えます!

最近では一軒家の所有者が亡くなるなどして、空き家が急増し社会問題と認識されています。リノベーションのテクノロジーも進化を遂げたおかげで、中古の一軒家を安い値段で購入して自分のライフスタイルにあった間取りや設備を備えた住居へと再生すると言うのがトレンドになっているようです。中古物件ならではの値段の安さ

2019年09月25日
一軒家を借りてみんなでシェアハウスすることはできる?

家賃を安く抑えることが出来て、さまざまな人と同じ屋根のしたで共同生活を送るのが、シェアハウスになります。職場や学校のどの普段の生活圏では知り合うことが叶わないような、多士済々と知り合うチャンスもあるので、都市部を中心に急速に普及が進んでいます。一般的には個室部分の設備は最小限に抑える一方で、水回りや

2019年08月27日
こういうところは避けよう!ダメなハウスメーカーの特徴と見分け方

ブランドイメージや信頼性の高さなどが動機となってハウスメーカーと契約して、一戸建て住宅を建築する方も数多くいらっしゃいます。テレビCMなどのブランドイメージでハウスメーカーを信用して依頼したのに、想定外の対応に戸惑ってしまったり、お住まいについての要望などを伝達することができず完成後に後悔を覚える状

2019年08月09日
一軒家をリノベーションして住むメリット・デメリットとは?

最近では中古家屋の市場も活性化し、既存の建物を購入して大規模なリノベーションを施して、新築同様のお住まいをリーズナブルな価格で入手する事例が増えているようです。一般的に家屋は新築後時間経過につれて資産価値は下落していくので、床面積や周辺の立地条件などを踏まえると相当割安な価格で、入手することに成功す

2019年07月08日
「断熱材」の役割や効果を知っておこう!

近年ではエコ住宅の普及に代表されるように、お住まいの断熱性能が重視されるようになっています。エコ住宅までいかなくても、快適な日常生活を送る上では屋内の気温が快適なレベルで維持されるのは、非常に重要です。夏場や冬場などの過酷な環境で日々を過ごすには、空調機能にすぐれたエアコンで対策をとるのが主流ですが

2019年06月20日
注文住宅で後悔しがちなポイントはココ!悔いのない一軒家を建てよう!

注文住宅は施主の希望のデザインや間取り、外装なども盛り込むことが出来るので、想定どおりに完成すれば理想の住まいを手にすることになります。注文住宅を建てるのは人生に一階の大きな買い物になるのが普通なので、完成後に後悔したくないものです。完成後にこんなはずではなかったと、思うことがないように、注文住宅で

2019年06月09日