• ホーム
  • 注文住宅で後悔しがちなポイントはココ!悔いのない一軒家を建てよう!

注文住宅で後悔しがちなポイントはココ!悔いのない一軒家を建てよう!

2019年06月09日
高いビル

注文住宅は施主の希望のデザインや間取り、外装なども盛り込むことが出来るので、想定どおりに完成すれば理想の住まいを手にすることになります。注文住宅を建てるのは人生に一階の大きな買い物になるのが普通なので、完成後に後悔したくないものです。完成後にこんなはずではなかったと、思うことがないように、注文住宅で後悔しやすいポイントを押さえておけば同じ轍をふむリスクを回避できるかもしれません。

そこで注文住宅で多くの人が後悔しがちな、ポイントを押さえておきましょう。ポイントになるのは大きく分けると、間取りや各種の設備や内装、そして色合いなどの外装などです。間取りはお住まいの基本スペックを構成する部分になるので、設計段階で決断することが求められます。具体的イメージをつかめない段階で、業者にせかされて意に沿わない間取りになることもあるかもしれません。完成後入居するのは施主であるあなたなので、情報収集し希望を正しく伝達することが必須です。

日常生活の質を左右する部分で重要なのは、生活動線の構成や収納の数です。生活動線を十分考慮しないと、普段の何気ないシーンで困ることになります。洗面室とトイレが隣接していると、使用が集中する朝時になると家族同士でぶつかりあうこともあるでしょう。また完成後に収納の数が不足していることが判明することも良くあるトラブルです。例えばクローゼットが小さく衣服を収納できない、靴箱のサイズが不足し玄関に靴があふれる、などの問題です。設計時にシュミレーションをして収納の数などの不足を防ぐのが大事と言えます。

内装や設備で問題になりやすいのが、コンセントの位置や窓の位置・クロスの色合いなどです。具体的には家具の配置を考慮に入れないでコンセントを設置したので使えなくなった。窓の位置を間違えて通行人の視線が気になったり、明るめの内装を意識して白を選んだのに明るすぎて落ち着かないなどの悩みが典型的。クロスは実際に設置すると明るい印象で、窓の位置は変更するのが困難です。せっかくの我が家で寛げない雰囲気になりことのないように、窓の位置やクロスは慎重に決めましょう。また日常生活を快適に過ごすには家電各種を必要とします。コンセントの位置の位置や数は実際の生活を前提に判断するべきです。

外壁の色合いも後悔しやすいポイントのひとつです。デザイン性を重視して外壁塗料を選んだら、強度不足が判明することもあります。外壁は機能面も考慮にいれて選ぶのがオススメです。

関連記事
こういうところは避けよう!ダメなハウスメーカーの特徴と見分け方

ブランドイメージや信頼性の高さなどが動機となってハウスメーカーと契約して、一戸建て住宅を建築する方も数多くいらっしゃいます。テレビCMなどのブランドイメージでハウスメーカーを信用して依頼したのに、想定外の対応に戸惑ってしまったり、お住まいについての要望などを伝達することができず完成後に後悔を覚える状

2019年08月09日
注目のハウスメーカーランキング!大手から中小まで!

坪単価あたりの費用は少々高めでも、圧倒的なブランドの信頼力と技術力には高い評価がよせられており、ハウスメーカーは常に高い人気を集めてきました。ただし一口にハウスメーカーといっても、各社それぞれに得意なスタイルや、特性にはそれぞれ違いが見られます。理想のマイホームを現実にして入居するにはどのハウスメー

2019年07月23日
一軒家をリノベーションして住むメリット・デメリットとは?

最近では中古家屋の市場も活性化し、既存の建物を購入して大規模なリノベーションを施して、新築同様のお住まいをリーズナブルな価格で入手する事例が増えているようです。一般的に家屋は新築後時間経過につれて資産価値は下落していくので、床面積や周辺の立地条件などを踏まえると相当割安な価格で、入手することに成功す

2019年07月08日
「断熱材」の役割や効果を知っておこう!

近年ではエコ住宅の普及に代表されるように、お住まいの断熱性能が重視されるようになっています。エコ住宅までいかなくても、快適な日常生活を送る上では屋内の気温が快適なレベルで維持されるのは、非常に重要です。夏場や冬場などの過酷な環境で日々を過ごすには、空調機能にすぐれたエアコンで対策をとるのが主流ですが

2019年06月20日